ベジママは、葉酸を摂取することを目的につくられた葉酸サプリなので、健康食品の分類の中に入るので副作用自体があるわけではありません。
でも気を付けないとならないことがあります。

葉酸の過剰摂取は気をつけましょう

それは葉酸の過剰摂取です。通常食品から葉酸を摂取する場合には、体内に蓄積されにくい水溶性ビタミンなので尿などとなって排出されてしまうために、副作用が起こることはほとんどありません。
ですが、サプリは飲むだけという手軽さやどのくらい飲んだかという自覚もあまりありませんからついつい過剰に摂取してしまうことがあるので、厚生労働省が認定している妊娠中の葉酸の摂取量の400㎍を頭の中に入れておき、自分がいまどのくらい葉酸を摂取しているのか、チェックしながら飲むことをお勧めします。
そうすることで、過剰に摂取することは防げます。

葉酸を過剰に摂取してしまうと・・・

葉酸の過剰摂取は1000㎍以上とされていますが、過剰に摂取することによって起こってしまう症状があります。
その症状として、食欲不振になったり、吐き気がしたり、不眠症になったり、むくみが出てきたり、かゆみがでたり、呼吸障害が起こることもあります。
ですので葉酸を過剰にとればその分妊娠する確率はアップするというのは勘違いなので覚えておくといいです。
妊娠するのに大切な身体を壊してしまってはどうしようもありません。
大切なことは用法や容量をしっかりと守ることです。

ベジママに含まれるピニトールについて

あとひとつベジママには、ピニトールという栄養素がありますが、それに副作用があるかといえば、植物由来の天然成分なので健康な方が服用する分には副作用はありません。
ただしピニトールには、生活習慣病で予防に効果的だとされている成分で血糖値を下げる役割もあるので、糖尿病でインスリン注射をしている方は注意が必要です。
心配な場合は服用する前に医師に相談することをおすすめします。
自分の健康にも気を付けながら妊娠し、そして元気な赤ちゃんが生まれるとママも子供もそしてその家族も幸せが訪れることでしょう。