女性ホルモンには大きく分けて、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。
この二つのバランスが保たれることで、生理が起き、排卵されていきます。
そして当然、精子と出会えば、妊娠となります。

一般的に排卵は生理が始まって2週間目ほどで起きます。
このタイミングで多く分泌されるホルモンが、プロゲステロンです。
プロゲステロンは妊娠の準備を整える役割が主で、例えば子宮内膜を厚くして整え、着床に備えて胎児が育つ環境を作るなどです。

もし妊娠に至れば、そのまま継続して分泌されていきます。
反対に、妊娠しなければ再び2週間ほどかけて、プロゲステロンの分泌が減っていき、そのタイミングでの生理、排卵は終了となります。
最終的に子宮内膜がはがれ、いわゆる「おりもの」として体外へ排出され、再び卵子などが生成されていくという繰り返しです。

この二つのホルモンのうち、ここでは「エストロゲン」についてご紹介していきます。

エストロゲンの働き

前述したように、生理などに主に働くのはプロゲステロンです。
一方でエストロゲンの働きは、実は女性の体を作り上げているといっても過言ではないほどのもので、女性ホルモンのメインとなる役割を担います。

例えば骨や皮膚などはもちろん、子宮や乳房の発育を促すという働きもエストロゲンが持っています。
皮膚では潤いのある肌や、きれいな粘膜なども、エストロゲンの働きが欠かせません。
さらには記憶、認知にかかわる働きや、自律神経のバランスを保つ働きも、一定部分ですが担っているため、心の健康、安定にも一役買っているホルモンです。

エストロゲンの種類

エストロゲンの中にもいくつかの種類があります
具体的にはE1、E2、E3の3種類になります。

まずE1はエストロンというもので、主に副腎や脂肪組織で作られるエストロゲンです。
これは閉経後には後述の二つのエストロゲンよりも多く分泌されるもので、この量が過剰に増えてしまうと、乳がんや子宮がんといったがん細胞を活発化させる原因になるとされています。

E2はエストラジオールというもので、エストロゲンのうち一番作用の強いものになります。
閉経後はE1が一番の分泌量ですが、閉経まではこのエストラジオールが一番多く分泌されます。
主に卵巣で作られており、性器の発育を促すという働きがあります。
エストラジオールが過剰に分泌されすぎると、乳がんの進行の原因になるとされています。

E3はエストリオールで、主に胎盤や肝臓などで、上記二つのホルモンから変換されて生み出されるホルモンです。
そのため、強さ的にも上記二つよりも弱いですが、がん細胞を抑える抗がん作用があるとされているホルモンでもあります。

エストロゲンが多く分泌される時期

エストロゲンが一番多く分泌されるのは、プロゲステロンの反対で、生理の終わりから排卵の前までです。
この時期は卵胞期と呼ばれ、生理ではないときのことを指します。
卵胞期は基礎体温が低く、心も体も比較的安定しているのが特徴で、特にお肌のトラブルなどもなく、むしろお肌の調子が良くなる時期でもあります。

エストロゲンが卵巣で分泌され始めるころは、いわゆる第二次性徴期が見られる、8歳や9歳といった時期です。
乳房や子宮、性器などの成長を促し、女性らしい体を作っていく時期です。
そして、12歳ほどから初潮を迎え、月経がはじまるとエストロゲンの分泌量は一気に増え、成長していきます。
それからは閉経を迎えるまで、生理の周期に合わせて、エストロゲンの量は増えたり、減ったりを繰り返します。

ガンがエストロゲンの過不足で起きやすい

エストロゲンはホルモンの一種ですので、多すぎたり少なすぎると様々な病、トラブルの原因になります。
そのうち、非常に深刻で厄介な病気がやはり、ガンです。

少し触れましたが、エストロゲンはがん細胞の活性化を紙一重で引き起こすホルモンです。
一般的にエストロゲンが分泌される期間が長ければ長いほど、乳がんを発生させるリスクが高まるとされています。
しかもこれは、一時的なものではなく、生涯を通しての分泌期間のことです。

つまり頻繁に授乳をして、エストロゲンを多く排出していないとか、ホルモン補充療法や経口避妊薬をある程度の期間行っていたなどはもちろん、初潮を迎えるのが早かったとか、逆に閉経が遅かったということでも、分泌が長期間あった、ということに該当します。

閉経するとエストロゲンの分泌は減りますが、細胞組織などにあるアロマターゼという酵素が、副腎皮質から分泌されるアンドロゲンという男性ホルモンからエストロゲンが合成されるため、エストロゲンの分泌が完全になくなるということはありません。

そして、当然ながら脂肪組織が多いほど=脂肪が多いほどエストロゲンへの変換が多くなりますので、肥満に特に注意してください。
女性にとって必要なものですので、エストロゲンの分泌量を大きく抑えるということは必要ありませんが、様々なものを駆使して、上手にホルモンバランスをコントロールすることが、健康と長生きへの大きなカギになります。