漢方という言葉は、使ったことがなくても耳にしたことがあるという方が多いと思います。

漢方とは、中国から伝えられた、医術や訳述の全般を表す言葉で、例えば風邪薬で有名な葛根湯も漢方の一つです。
漢方と同時にでてくる言葉に「東洋医学」というものがあります。
東洋医学とは、体に出る不調は体内のバランスが崩れている、どこかが崩れているから起きる、という考えに基づいた治療です。
そして、その疾患が現れるのは、生まれつきの要因、もしくは生活習慣や精神状態にあるとされています。

病院などで普段から使われている西洋医学と似ているようで、大きく違うのが東洋医学です。
例えば治療を受ける際には、実際に痛みや症状が出ていない部分をケアして治療していく、という場合もあります。

漢方の処方はすべてオーダーメイド

そして、東洋医学においての薬となる漢方の処方は、全て一人一人に合ったオーダーメイドです。
構成する成分、原料となるいくつかの生薬を混ぜ合わせて処方します。
漢方は生薬を飲むとお思いの方もいますが、実際にはその人の症状、体質を考慮して混ぜ合わせたものを、決められた量処方するというのが、漢方の処方になります。

東洋医学では不妊はどういう状態なのか

こうした東洋医学においての、不妊の原因は、体の軸となる部分にずれが生じて起きていると考えられています。
ずれの原因は、人によって異なり、内側からなのか、外側からなのか、両方が考えられます。

例えば排卵障害の治療は、西洋医学であれば排卵誘発剤などを使用して、排卵を促すための治療しますが、東洋医学ではこの治療は無理やり強引に排出させるのとほぼ変わらない意味があります。
東洋医学では排卵しないことの原因に対して、アプローチして、自然に排卵させることを目標にします。

具体的には?血という、西洋医学で言う血行障害が原因とされています。
この症状によって強い生理痛や筋腫などが生まれ、不妊の原因になっているという考え方です。
?血を取り除くケアをするために、生薬で治してくのが漢方治療となり見明日。

?血の原因は言うまでもなく、冷えやストレスなどで、血行が悪くなるなどです。

不妊治療におすすめの漢方薬

?血はあくまでも代表的なもので、血行障害の治療ですが、ほかにも様々なことがあります。
不妊治療において代表的なのが、血、気、水の3つです。
特に気は元気など、文字通り気力を意味する、精神的なという意味で、西洋医学において自律神経に関することがメインとなります。
水は水分のことで、血と同じようにめぐりが悪くなると、代謝や免疫に影響が出るという考えがあります。

漢方の不妊治療は、この3つに焦点を当てて治療していきます。
つまり、血、気、水の流れをよくするというものです。

ですので、漢方の処方をされたとしたら、それには排卵を促すという作用はありません。
血行改善や、自律神経を整えるような作用のある生薬を処方されるということです。
しかし、漢方は一人一人にあった調合で処方されますので、体を正しい状態へとしっかりと導くことができ、健康になり、結果的に不妊治療につながるということです。

当然時間がかかりますが、妊娠しやすい体へと近づけていくことが大切ですので、是非チャレンジしてみてください。

ここから、おすすめの漢方薬をいくつかご紹介していきます。
市販のものですので、心当たりのある症状があれば、気軽に試してみてください。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

この漢方は、前述の血のめぐりに役立つ漢方です。
冷えやむくみといった、血行の滞りによる症状改善の際に処方されることが多く、生理不順の改善にも役立ちます。
また、女性ホルモンのバランスの安定にも役立ち、生理不順はもちろん、月経困難症の改善や、排卵のサポートといった生理に関するトラブルの解消効果もあります。
もともと色白で、血色があまりよくないという方にもおすすめな漢方です。

四物湯(しもつとう)

四物湯も血に効果のある漢方ですが、大きな違いが、血を養う効果があるという点です。
文字通り4つの生薬で構成されている漢方で、具体的には当帰、芍薬、地黄、川?(せんきゅう)の4つでできています。
さらに名前にある通りに、お湯で煎じて飲むもので、煎じることでセロリのようなさわやかな香りで、甘味が生まれるのが大きな特徴になります。
また、お湯で飲むせいもあり、体を温める効果も高い漢方になります。

調経種玉湯(ちょうけいしゅぎょくとう)

不妊症は、原因不明ということが全く珍しくありません。
西洋医学の難点の一つで、どこをどう治療するべきか、見当がつかないということがしばしばあります。

しかし、東洋医学、漢方においては、原因不明の不妊というものはありません。
あくまでも「難妊」というとらえ方をします。
漢方医学では、全てのことに理由があるとされており、原因不明のものは原則として、一つもありません。

漢方の世界で不妊治療のことを調経、養精と呼びます。
調経種玉湯は血の巡りが特に悪くないのに、なかなか妊娠できないという方におすすめな漢方です。
例えば生理の下腹部の痛みが強い場合などに処方されやすいです。