35歳を過ぎてからの初妊娠は「高齢妊娠」

女性の晩婚化が進んでいる中で、高齢出産も増えているという現状があります。では、高齢出産というのは、どういうことなのでしょうか。昔は、30歳以上の妊娠出産をいいましたが、現在では35歳を過ぎてからの妊娠は「高齢妊娠」と言われています。
高齢というのは、あくまで妊娠出産する年齢の中でのことであって、35歳を過ぎると、妊娠や出産に際しても高齢ゆえのリスクが高まることから、この年齢が高齢妊娠、高齢出産とわれているのです。

高齢出産のリスクについて

昨今では、高齢出産をする女性が増えていて、高齢でも当たり前のように普通に出産できると考えている人も多いでしょう。しかし、高齢というように区別するだきあって、高齢出産にはそれなりのリスクがあるのです。

そのリスクというのは、若年層の妊娠出産ならば起きにくいリスクが、年齢とともに増えるということです。リスク増加に関しては、医学的な根拠のあることなので、自分は健康で体力があるから大丈夫だと考えるのは間違いです。高齢になると妊娠しにくいカラダになってしまいますし、流産の確率も高くなってしまいます。

また、ダウン症の子どもを妊娠する確率も高まります。これらのリスクは、年齢が上がるほど高まるので、誰しも平等に存在するリスクになります。また、年齢依存性のリスクであるため、本人の健康状態や生活習慣や病歴に関係がありません。ただし、もともとの体質や病気によって妊娠しにくかったり、流産しやすい人もいます。ですから、高齢出産を考えているなら、リスクは必ず考慮する必要があるでしょう。

高齢出産のリスクを減らす方法

高齢出産にはリスクがありますが、現代の女性のライフサイクルを考えると、やむを得ない面もあります。仕事をする女性が増えて、晩婚化や、キャリアの面から出産時期が遅くなるのは、避けられないところもあるからです。

では、高齢出産のリスクを少しでも減らすことはできるのでしょうか。まず考えなければならないことは、妊娠そのものがしにくくなるという点です。ですから、妊娠しやすいカラダづくりというのは、当然必要になってくるでしょう。

妊娠しやすくするためには、ホルモンバランスを整えることが大事です。ホルモンバランスは健康的な生活とともに、バランスの取れた食生活も心がける必要があります。特に、胎児の先天性神経疾患の予防のために、葉酸を摂取することが推奨されています。

実は、葉酸などビタミンは、妊娠する前から摂取し続けておくことが、リスクを減らすためには重要なのです。これらは食事の中で自然に摂取することが望ましいですが、無理そうな人はサプリメントを活用するといいでしょう。

高齢出産にはメリットもある

ここまで高齢出産のリスクばかりをピックアップしてきましたが、実は高齢出産だからこそのメリットもあります。高齢出産の場合、両親の年齢層から考えて、経済的な余裕がある家庭が多いでしょう。そのため、余裕のある育児が可能であったり、両親に余裕があると、子どももゆったりと育ちます。

確かに高齢での育児は、体力の面や両親の病気のリスク、老後の資金面などのデメリットもあります。けれども、高齢層の出産は、ライフプランをじっくりと見据えられるからこそ、計画的に育児を考えることもできます。

また、妊娠におけるリスクに対しても、資金や保険の面で備えが充分にできる世代なので、さほどデメリットにはならない可能性が高いです。また、医療の面でも、胎児診断などの技術の発達により、胎児のリスクに対してより備えやすい環境が整備されてきているので、高齢出産はデメリットばかりではないと言えるでしょう。高齢出産は、万全な準備と心構えがあれば、リスクばかりではなく、大きなメリットにもなることは間違いありません。