生活習慣の見直しは健康に役立つとされていますが、実は妊活においても、とっても良い効果をもたらします。
適度な運動と十分な睡眠などは大前提ですが、妊婦さんになるための、赤ちゃんのための食事というのが非常に大切です。

今回は、妊娠しやすい体を作るための食生活についていくつかご紹介していきます。

妊活に食事が与える影響

人間はもともと、健康な食事でないと、様々なトラブルや病気を引きおこすものです。
そして、妊娠できる体というのは、非常に健康な状態であることが大切です。

例えばホルモンバランスや生理不順、冷えなどを起こしていれば、当然妊娠はしにくくなります。
そしてそれらは食生活によって引き起こされている可能性も十分考えられます。
特に、生理不順は排卵日の特定が難しくなり、何度性交渉をしても赤ちゃんができないということに直結します。

食生活を見直すことで、ホルモンバランスや生理の乱れなどを解消して、赤ちゃんができやすい体にしていきましょう。

一番大切なことは、栄養が偏らずに、体に必要なものがまんべんなく取れているということですが、その中でもいくつかおすすめの食材、栄養素についてご紹介いたします。

妊活に欠かせない食事、食材

体を温める食材

女性が感じやすい「冷え」というものは、筋肉量が少ないため生まれる熱量が低い、というのが原因の一つです。
体を温めるものを食べることで、冷えを解消していきましょう、とよく言われると思いますが、それは妊娠のためにも非常に大切なことです。
血流が滞ると様々なところで栄養不足や酸素不足の原因になりますので、体を温めて、血行を改善してみてください。
具体的におすすめなのが、やはりショウガやネギといった薬味類です。
においがきつく、味も好みが分かれやすいですが、体に優しく、とても役立つ成分ばかりが含まれていますので、おすすめです。
また、さくらんぼや桃なども体を温める効果があるとされていますので、積極的に取り入れてみてください。
そのほかではニンジンやゴボウといった根菜類も、有効です。

鉄分、亜鉛、葉酸も忘れずに

女性がもう一つ悩まされやすいのが、鉄分不足や亜鉛不足などです。
月経というものがあるため、鉄分が非常に不足しやすいので忘れずに補給してください。
また、亜鉛は女性ホルモンの分泌を促して、卵子の生成などにも役立ちます。
さらに葉酸は、妊娠職の胎児に起こる、神経管閉鎖障害を予防できる重要な栄養素です。

葉酸は、通常の推奨量である240μg/日に加えて、女性は付加的に400μg/日を加えて摂取することが望ましいと厚労省も定めています。
サプリメントなどを使って、十分にとるようにしましょう。
食材としては、鉄分はほうれん草やレバーなどから、亜鉛やカキやカニ、豆類などから取れます。
葉酸はほうれん草、ブロッコリー、豆類などからとれます。

タンパク質で体を作る

そして、言うまでもなく、タンパク質も欠かせません。
男性女性にかかわらず、糖質と脂質とタンパク質の3つは、三大栄養素と言われ、人間の体を作るのに欠かせない栄養素です。
欠かせないのと同時に、大量に必要なのも特徴です。

脂質や糖質はエネルギーとして使われることが多いですが、タンパク質は筋肉や皮膚、さらには髪の毛といったところまで生成する、原料となる物質です。

人間にとってこれほどまで大切なタンパク質ですので、言うまでもなく胎児の成長にも必要です。
成人女性の1日の推奨量は50グラムとされておりますので、最低限これぐらいの量をとるようにしましょう。

お肉や魚など、主菜になりやすいメニューに豊富に含まれているので、不足することはあまりないように思われがちですが、実は日本人のタンパク質の摂取量は年々減少傾向にあります。
また、お肉などはタンパク質が豊富に含まれているのと同時に、調理法などで脂質やカロリーも大量に含むことが多く、タンパク質は良くてもそれ以外の成分も大量にとってしまい、逆に健康を損なうということもあります。
お肉などだけではなく、豆類や乳製品なども含めて、バランスよくまんべんなく食べて、取り入れることが大切です。

カロテン、ビタミン類で、健康な卵子を

カロテン、ビタミン類は、優れた抗酸化作用があるとして有名です。
抗酸化作用とは簡単に言えば老化の防止に役立つというもので、お肌のうるおいを維持することなどに役立ちますが、実は老化というのは卵子にも表れるものです。
年齢が上がるにつれ、排出される卵子も年を取ってしまい、受精しにくくなるのです。
そこで、抗酸化作用のあるカロテンやビタミン類をとって、卵子を健康に、若々しくしていきましょう。
ビタミン類は具体的にはビタミンC、Eが特に有効で、アセロラやオレンジ、グレープフルーツにはビタミンCが、ナッツなどの脂質類にはビタミンEが多く含まれていることが多いです。
カロテンはカボチャやニンジンで補給できます。

これらのような食材を欠かさずに取り入れて、妊娠の手助けをしていきましょう。